1. ホーム
  2. 会員規約

会員規約

  • 文字サイズ
  • 小
  • 標準
  • 大

同意事項〈重要:お申し込みの前に必ずお読みください〉
個人情報の取扱いについて

申込者は、記載事項が真実かつ正確であることを保証し、審査のうえ、愛のタクシーチケット(以下チケットといいます)の会員となるよう申込みます。審査の結果については、異議を唱えません。また、本申込書および提出した書類は返却されず、法令等に基づき一定期間保管されるものと了承します。
申込者および入会を認められた申込者(以下あわせて会員等といいます)の情報について、以下の事項を確認し、同意いたします。

1. 個人情報保護管理者の氏名又は職名、所属及び連絡先

弊社は、次の者を個人情報の保護管理者として任命し、個人情報を適切かつ安全に管理し、個人情報の漏えい、滅失又はき損を防止する保護策を講じています。

愛のタクシーチケット株式会社 業務管理室長
TEL:0120-365-186 FAX:0120-365-415
〒600-8433 京都市下京区高辻通室町西入繁昌町310番地
2. 収集する個人情報の項目

愛のタクシーチケット株式会社(以下当社といいます)は、本申込を含む当社との取引の与信判断および与信後の管理を目的とし、会員等の以下の個人情報(以下個人情報といいます)につき、保護措置を講じたうえで収集・利用・提供します。

  1. 代表者名、代表者住所等、会員等が入会申込時に届け出た事項および当該事項に関する変更事項
  2. 申込日、契約日等、会員等と当社との契約内容に関する事項
  3. チケットの利用内容、支払状況
  4. 会員等が申告した平均月商、資本金等および当社が収集したチケット利用履歴、支払状況
  5. 不特定多数の者に対して公開されている情報
3. 個人情報の利用目的
  1. チケットの本来的・付帯的な機能・サービス等の提供のため
  2. 当社および当社の指定する法人タクシーならびに個人タクシー(以下加盟タクシーといいます)の宣伝物送付等の営業案内のため
  3. マーケティング活動、商品開発のため
4. 個人情報の提供の任意性と結果

個人情報の提供はご本人の任意で行うことができますが、必要な個人情報の一部または全部を提供されなかった場合は3)項に記されたサービスを提供できない場合があります。

5. 個人情報の第三者提供

提供された個人情報は、法令に基づく場合を除き、第三者への提供はいたしません。

6. 個人情報の委託

弊社では3)項に記された目的を達成するために、業務の一部を委託する場合があります。この場合、個人情報を適切に取り扱っている委託先を選定し、個人情報の適正管理や機密の保持に関して契約等を締結し適切な管理を実施します。

7. 本人が容易に認識できない方法による個人情報の取得

弊社では、本人が容易に認識できない方法による個人情報の取得は行っておりません。

8. 入会が不成立の場合

当社が入会を承認しない場合であっても、入会申込をした事実は、上記1.および2.に基づき、不承認の理由の如何を問わず、一定期間利用されますが、それ以外に利用されることはありません。

9. 本同意事項に不同意の場合

当社は、会員等が入会の申込に必要な事項の記載を希望しない場合、または本同意事項の内容の全部または一部を承認できない場合、入会を断りまたは退会手続きをとることがあります。

10. 個人情報の利用停止、開示、訂正・削除等の応諾

弊社では、ご本人からの求めにより自己に関する個人情報の利用目的の通知、開示、訂正・削除及び利用・提供の停止に応諾しております。その際はご本人様を確認し、合理的な期間内に対応いたします。
尚、個人情報に関する弊社の問合せ先は次の通りです。

愛のタクシーチケット株式会社
〒600-8433 京都市下京区高辻通室町西入繁昌町310番地
http://ai-ticke.jp/
お客様お問合せ窓口 TEL:0120-365-186  FAX:0120-365-415
※お電話での受付時間は、土日祝日を除く午前9時15分~正午、午後1時~午後5時までとなっております。

このページの上へ

愛のタクシーチケット会員規約

第1条(会員)
  1. 入会の申込をするもの(以下「入会希望者」といいます。)は、本規約の内容を承認・同意のうえで当社指定の事項(以下「会員事項」といいます。)を記入した所定の書面(以下「入会申込書」といいます。)を当社に提出するものとします。
  2. 愛のタクシーチケット株式会社(以下「当社」といいます。)が、審査のうえその入会を認めた入会希望者を愛のタクシーチケット会員(以下「会員」といいます。)とします。
  3. 当社は、入会希望者が、自らとその役員、主な株主が暴力団、暴力団員、暴力団関係企業・団体またはその関係者、その他反社会的勢力(以下「暴力団等反社会的勢力」といいます。)であると当社が認めるとき、または暴力団等反社会的勢力であったと当社が認めるときは、入会を承認しないものとします。
  4. 会員は、本規約における会員としての権利を行使できるものとします。
第2条(チケットの発注)

会員は、当社に対して、愛のタクシーチケット(以下「チケット」といいます。)の発行を申込みます。

第3条(チケットの発送)
  1. 当社は、チケットに第4条に定める会員番号(以下「会員番号」といいます。)を記載のうえ予め会員が当社に申し出た場所へチケットを送付します。この場合、会員はチケットの送付にかかる発送料を負担することとします。
  2. 会員は、チケットの受領後ただちにチケットの各券面上に会員名を記入します。チケットの受領後は会員が責任をもって管理します。
第4条(会員番号)
  1. チケットに付与する会員番号(以下「会員番号」といいます。)は、当社が採番します。
  2. 会員番号は2階層まで分類できるものとし、会員と当社が別途協議のうえ、決定できるものとします。
第5条(チケットの利用・管理)
  1. 会員は、当社の指定する法人タクシーならびに個人タクシー(以下「加盟タクシー」といいます。)にて、次の各号の料金に対してチケットを利用し、または会員が特に利用を許可した利用者(以下「利用者」といいます)にチケットを貸与して利用させることができます。なお、利用者にチケットを貸与する場合、会員の担当者名をチケットの担当者欄に記入のうえ利用者に交付するものとします。
    1. 車両に備え付けられた運賃メーターの表示額
    2. 有料道路を利用した場合の料金
    3. 駐車場を利用した場合の料金
  2. 会員および利用者は、加盟タクシーを利用したときはその都度、チケットに利用日、利用区間、利用金額、利用者名等を記入し、加盟タクシーの乗務員に交付するものとします。なお、乗車指定日は会員が記入し、利用日は利用者が記入するものとします。
  3. チケット1枚の利用限度額(以下「チケット利用限度額」といいます。)は、当社が指定する範囲内で会員と当社が協議のうえ設定するものとします。
  4. 当社は、会員の依頼により、限度額を前項に定めた範囲内において、1,000円単位で変更することができるものとします。
  5. 会員および利用者は、チケットの利用に際して、チケット利用限度額を超過した場合は、その超過額を、別のチケットを用いるか、または、現金にて加盟タクシーの乗務員に支払うものとします。
  6. 会員は、本条第1項に基づき利用者にチケットを貸与する場合、利用者に本条第1項、同条第2項、同条第5項、同条第10項、第6条第2項および同条第3項に定める事項について説明しこれらを遵守させるものとします。
  7. 利用者によるチケットの利用に係る利用料金は、すべて会員の負担とします。
  8. 会員は、善良なる管理者の注意をもって本チケットを利用し、管理しなければなりません。なお、本項に基づく義務は、会員が利用者にチケットを貸与した場合も免除されないものとします。
  9. 会員に交付したチケットを会員または利用者を除く第三者が利用した場合であっても、当該会員が利用したものと推定され、その利用料金はすべて会員が負担するものとします。
  10. 会員は、チケットの偽造、変造、抹消、変更、書き換え等の不正行為を行わず、または利用者を含む第三者をして当該行為を行わせてはいけません。
第6条(チケットの有効期限)
  1. チケットの有効期限は、会員と当社が協議の上当社が指定するものとし、チケットに表示された年月の末日までとします。また会員は、予めチケットを利用する年月日をチケットの券面に記載して利用する日(当日+帰庫まで)を限定できるものとします。
  2. 会員は、チケットを有効期限内で利用し、または利用者に利用させるものとします。これにかかわらず有効期限を超えて利用した場合、会員は第11条に基づき利用料金を支払うものとします。
  3. 会員は、有効期限の切れたチケットについて、自らの責任で速やかにはさみ、シュレッダー等により裁断する等利用不可能な状態にしたうえで廃棄するものとします。
第7条(チケットの仕様)
  1. 次の各号に定めるチケットに関する項目については、当社が定めるものとし、当該項目は当社の都合により改定できるものとします。
    1. チケットひと綴り当たりのチケット枚数
    2. チケットのデザイン(大きさ、色、レイアウトなど)
  2. 当社は、当社が設定する文字数の範囲内で、会員と協議のうえ、以下の内容をチケットに印字するものとします。
    1. チケットの利用限度額
    2. 会員の社名・利用部門名・有効期限・利用指定年月日・その他会員が希望する文言
第8条(債権譲渡の承諾)

会員は、チケットの利用にともない加盟タクシーが会員に対して有する債権について、当該加盟タクシーが当社に譲渡することを、あらかじめ承諾するものとします。

第9条(請求事務手数料)
  1. 当社から会員に対する請求額の合計が当社所定の金額に満たなかった場合に、当社は会員に一定の料金(以下「請求事務手数料」といいます。)を課金できるものとします。
  2. 請求事務手数料は、チケット利用による料金が発生した時に徴収するものとし、当社は当該手数料をチケットの利用料金と同時に会員に請求します。
  3. 請求事務手数料は、当社所定の金額とします。
第10条(請求方法)
  1. 当社は、第8条に基づき加盟タクシーから譲渡された会員に対する債権(以下「会員債権」といいます。)を、毎月末日にて締切り、締切日の翌月末日までに、会員に会員債権に関する請求書(以下「請求書」といいます。)を発行してチケットの利用料金を請求するものとします。
  2. 請求書の送付先は、会員指定の場所とします。
  3. 会員が希望する場合は、当社は、請求書の発行に際し、当該請求の対象となる利用済みチケット全てを会員に送付します。
  4. 会員は、請求書の内容に異議のある場合、請求書受領後、遅滞なく当社に通知するものとし、会員および当社は協議のうえ、適切なチケット利用料金を確定させるものとします。尚、請求書の内容を修正する必要のあるときは、当社は新たに請求書を会員に発行するものとします。
第11条(利用料金の支払い)
  1. 会員は、当社に対し以下に定めるいずれかの支払い方法により、チケットの利用料金を支払うものとします。
    1. 会員が請求書を受領した月の翌月末日(金融機関休業日の場合はその翌金融機関営業日とし、以下「振込支払期日」といいます。)迄に、振込手数料を会員が負担したうえで、当社指定の預金口座に振り込むものとします。
    2. 会員が請求書を受領した月の翌月12日(金融機関休業日の場合はその翌金融機関営業日とし、以下「振替支払期日」といいます。)に、あらかじめ当社および集金代行会社との間で約定された金融機関の預金口座から口座振替の方法によりチケットの利用料金を支払います。
  2. 会員は、次の各号に定める事由をもって利用料金の支払いを拒絶できないものとします。
    1. 会員または利用者がチケットの利用にあたって第5条第2項に定める事項を記入しなかった場合
    2. 会員の管理下にあるチケットに紛失・盗難等の事故が生じ、当該チケットが第三者により利用された場合
    3. 会員または利用者が第5条第3項に定めるチケット利用限度額を超過して利用した場合
    4. 会員または利用者がチケット記載の有効期限を超過、または、利用指定年月日以外に利用した場合
    5. 前各号の他、会員または利用者が本規約に違反した場合
第12条(遅延損害金)

会員は、振込支払期日または振替支払期日から1か月以上支払を遅延したときは、当社に対して支払期日の翌日から年20.0%の割合による遅延損害金を支払うものとします。但し、会員が個人で当社と契約している場合、その割合は、6.00%とします。

第13条(チケットの追加発行)
  1. 会員は、チケットの追加発行を希望するときは、会員がチケットの追加発行を希望する期日の7日前までに、当社にチケットの追加発行の依頼を通知します。
  2. 当社は、次の各号に該当する場合、チケットの追加発行を停止し、もしくはチケットの追加発行数量を調整することがあります。
    1. 会員がチケットの利用料金の支払を遅延したとき
    2. 会員の信用状態に重大な変化が生じたと当社が判断したとき
    3. 会員がチケットの換金・転売等の不正使用を行ったとき
    4. 会員が希望する追加発行の数量が著しく過大であると当社が判断したとき
    5. 会員のチケット利用状況が適当でないと当社が判断したとき
    6. 会員が第14条第1項による届出を怠ったとき
    7. 会員が本規約に違反したとき
    8. その他当社が必要と判断したとき
第14条(届出事項の変更)
  1. 会員は、会員事項に変更が生じ場合、速やかに当社所定の届出書を当社に提出します。
  2. 前項の届出がないために当社からの通知または送付書類その他のものが延着し、または到着しなかった場合には、通常当該送付書類等が到着すべきときに会員に到着したものとみなします。
第15条(加盟タクシーとの紛議)

タクシーの利用料金にかかわるトラブル等の会員または利用者と加盟タクシーとの間で生じた紛議は、会員と加盟タクシーとの間で解決するものとし、当社は責任を負いません。

第16条(紛失盗難による損害への保証)

会員は、チケットの紛失や盗難により悪用された場合に、損害の補償を受けるため、当社が指定する損害保険に加入することができるものとします。

第17条(権利義務の譲渡)
  1. 会員は、当社の書面による承諾なしに、本規約に基づき当社に対して有する権利を第三者に譲渡し、または当社に対して負う義務を第三者に引き受けさせることはできません。
  2. 当社は、会員または利用者がチケットの換金・転売等の不正使用を行ったことにより損害を受けた場合は、会員に損害賠償を請求できるものとします。
第18条(会員資格の解除)
  1. 会員は、当社所定の届出書を当社に提出し、会員資格を解除することができます。
  2. 第11条に定めた支払い期日までに会員が支払いの義務を履行しない場合は、支払い期日より20日以上の相当な期限を定めてその支払いを書面で催告し、その期間内にその義務が履行されないときには当社は、会員資格を解除することができます。
  3. 当社は、次の各号のいずれかに該当する場合、会員資格を即時に解除することができます。
    1. 会員の信用状態に重大な変化が生じたと当社が判断したとき
    2. 会員がチケットの換金・転売等の不正使用を行ったとき
    3. 会員が本規約に違反したとき
    4. 会員が暴力団等反社会的勢力であると判明したとき、または暴力団等反社会的勢力であったと判明したとき
    5. その他会員が会員として不適格と当社が判断したとき
  4. 当社は、3か月前に会員に通知を行うことにより、会員資格を解除することができます。
  5. 前4項により会員資格が解除されたときは、会員は、チケットを利用しまたは利用者にチケットを利用させる権利のすべてを失い、第6条第3項に定める方法でチケットを廃棄するものとします。この場合、以下の料金についても会員は支払責任を負います(第11条の定めに基づき遅延損害金が発生している場合には当該金額を含む)。
    1. 会員資格の解除前に利用したチケットの利用料金の未払い分
    2. 会員資格の解除時に廃棄しなかったチケットが利用されたときの利用料金
第19条(権利不放棄)

当社が本規約にもとづく権利、権限または救済手段を行使しなかったこと、または行使が遅れたことは、その放棄とみなされることはなく、また、その権利、権限または救済手段の単独行使または部分的な行使が妨げられることはないものとする。

第20条(協議事項)

本規約各条項の解釈に疑義が生じた場合、または本規約に定めのない事項については、会員および当社は誠意をもって協議のうえこれを解決するものとします。

第21条(合意管轄裁判所)

本規約に基づく会員と当社の諸取引に関して訴訟の必要が生じた場合は、当社の本店所在地を管轄する裁判所を合意管轄裁判所とします。

以上

愛のタクシーチケット株式会社
〒600-8433 京都市下京区高辻通室町西入繁昌町310番地
http://ai-ticke.jp/

お客様お問合せ窓口
TEL:0120-365-186
FAX:0120-365-415

※お電話での受付時間は、土日祝日を除く
午前9時15分~正午、午後1時~午後5時までとなっております。

以上、誠に勝手ではございますが、予めご了承いただきますよう、お願い申しあげます。

このページの上へ